ホーム  >  新着情報  >  記事一覧

新着情報新着情報

チェリー週刊ゴルフダイジェストの「ロバート・トレント・ジョーンズJr.が設計した、ゴルファーを魅了するコース特集」で紹介されました

(2016年03月17日)

ゴルフダイジェスト

チェリーヒルズゴルフクラブが週刊ゴルフダイジェスト「ゴルフが深まる、ゴルフが広がる、日本をまわろう」の「世界的なコース設計家ロバート・トレント・ジョーンズJr.が設計した、ゴルファーを魅了するコース」特集に掲載されました。


「美しいフラワーコース」をコンセプトに設計された同クラブですが、誌面の中でも「可憐という言葉が似合う名コース。20種類以上の桜が咲くこれからの季節はもっとも美しさが際立つ。また、2100坪の広さを誇るラブハウスは、ゆったりとした空間と落ち着いた雰囲気が、ゴルファーに癒しの時間を与えてくれる。」と紹介されています。

▼「ゴルファーを魅了するコース」掲載記事をみる
http://www.shinwagolf.co.jp/media/






ゴールデン週刊ゴルフダイジェストの「ロバート・トレント・ジョーンズJr.が設計した、ゴルファーを魅了するコース特集」で紹介されました

(2016年03月17日)

ゴルフダイジェスト

ゴールデンバレーゴルフ倶楽部が週刊ゴルフダイジェスト「ゴルフが深まる、ゴルフが広がる、日本をまわろう」の「世界的なコース設計家ロバート・トレント・ジョーンズJr.が設計した、ゴルファーを魅了するコース」特集に掲載されました。

天与の地といわれる地形を可能な限り生かして設計された同倶楽部ですが、誌面の中でも「世界レベルの戦略性を誇る生涯に一度は挑戦したいコース。ゴルフが自然との戦いであることを改めて感じさせてくれる。ゴールデンバレーゴルフ倶楽部をラウンドするとゴルフの魅力はさらに深まるだろう。」と紹介されています。

▼「ゴルファーを魅了するコース」掲載記事をみる
http://www.shinwagolf.co.jp/media/





チェリーチェリーヒルズ所属プロの水品幸三が 「PGA金秀シニア沖縄オープン」に出場決定!

(2016年03月17日)

水品プロ沖縄県の喜瀬カントリークラブで本年4月16日(土)・17日(日)に開催されるPGAシニアツアー開幕戦「金秀シニア沖縄オープン2016」に、チェリーヒルズゴルフクラブ所属プロの水品幸三の出場が決定しました。


水品プロは2002年にPGAプロテストに合格し、これまでに関西オープンやレギュラーツアー「サン・クロレラクラシック」に出場。近年ではPGAシニアツアー参戦に照準をしぼり調整を進めてきました。昨年11月に50歳の誕生日を迎えたことで、今シーズンから念願の「シニアツアー出場資格」を満たし、今大会がシニアツアーデビュー戦となります。

出場にあたり水品プロは、「シニアツアーに向けて3年間、スイング改造とプレーに対する考え方をコーチと取り組んできました。今大会が初参戦で、緊張とプレッシャーもありますが、試合を楽しみながら、自分の最大限の力を発揮してきます。」と、意気込みを語っています。
トーナメントプレーヤー・水品幸三の新たなる「挑戦」にご期待ください。

▼水品幸三プロのプロフィールをみる
http://www.shinwagolf.co.jp/pro/kozomizushina.html

▼「金秀シニア沖縄オープン2016」大会ホームページをみる
http://www.kise-cc.jp/senior/

信和ゴルフ【開催レポート】会員限定「ベトナム・ダナンゴルフツアー」に60名が参加

(2016年03月01日)

「ベトナム・ダナン」プレミアムゴルフツアー

















信和ゴルフグループゴルフ場の会員様限定「海外プレミアムゴルフツアー」は2月18日~22日、
世界注目のビーチリゾート「ベトナム・ダナン」を舞台に開催されました。
5回目を迎える今年も60名もの会員様とそのご家族が参加。
G・ノーマンやC・モンゴメリーといった世界一流のプレーヤーが設計したリンクスコースで、
異国情緒満点のなか、半袖のリゾートゴルフをご満喫いただきました。
また、観光では街まるごとが世界遺産に指定されている「ホイアン」を訪れ、
シルクロードの拠点として栄えた、ノスタルジックな街並みをめぐりました。

ご夫婦やおひとり様での参加が多く、フレドリーでアットホームな雰囲気が特徴のこのツアー。
来年もとっておきのゴルフ旅にお誘いいたします。
なお、今回のダナン旅行記をホームページで公開しています。

▼ダナンゴルフツアー開催レポートをみる
www.shinwagolf.co.jp/gold-program/vietnam_tour2016/report.html

ゴールデン週刊ゴルフダイジェスト「ゴルファーなら誰もが憧れるトーナメント開催コース」として紹介されました

(2016年02月08日)

トーナメント開催コース特集ゴールデンバレーゴルフ倶楽部が週刊ゴルフダイジェスト2月23日号(2月8日発売)の「ゴルフが深まる、ゴルフが広がる、日本をまわろう」のコーナーで「ゴルファーなら誰もが憧れるトーナメント開催コース」として紹介されました。

ロバート・トレント・ジョーンズJr.が手がけた日本でも指折りの難コース。記事の中で「1990年の三菱ギャランや2014年の日本プロゴルフ選手権大会など数々のトーナメントの舞台となってきた世界レベルのコース」と紹介されています。


「誰もが憧れるトーナメント開催コース」掲載記事をみる